キャンペーン実施中!

【肥満大敵】メニュー

20kg減量作戦!えっ、私って醜い?

20kg減量作戦!
低炭水化物ダイエット
ダイエットと運動
グングン太った理由
9ヵ月後の勝利!
ダイエット成功のために
ダイエット関連リンク
HOME



身長160cm、体重78.8kgとは1995年秋の私です。ついに人生最大の重量を記録しました。着る物はLLサイズ。
街に出てウインドウショッピングなんて気にもなりませんから、とにかく身体に合えばいいのです。ファッションなんて二の次です。15号のブレザーの前ボタンがとまりません。スカートなんて絶対にはきません。足がスッゴク太い・・・ ダボダボのズボンを愛用です。夏も冬もお腹が隠れるように上着はズボンに入れることはありません。ズボンはすぐにマタズレするんです。ファッションビルのウインドウを見るのさえ避けていました。「あんな素敵な服は私には関係ない」と卑屈になっていたんですねぇ。
顔は目と鼻がまわりの肉に囲まれて小さくなってます。
ここまで太ってしまうと、自分に自信が持てず、「どうせ私なんか醜いのだから何を着たって同じよ」とか、「こんな私だからボーイフレンドなんて縁がないんだ」なんて理由をつけてしまいます。そして、「だったら食べてやろうじゃないの」と食欲が湧いてきます。というより食べることに振り回されていたのです。じっくりと自分の顔や身体を鏡で見ることもありませんでした。自分の姿をまじまじと見つめるなんて辛かったからです。

はじめから「朝潮」なみのデブだったわけではありません(朝潮さんゴメンなさい)。
アメリカへ語学留学してから肥満の第1段階へ突入こうなってしまったのです。
それまでも決してスレンダーボディではありませんでしたが、食事のボリュームが多いアメリカでの生活で71kgになっていました。9ヶ月で10kg以上の増量です。帰国してからももちろんダイエットしました。
お粥だけとか夕飯ぬきなど。ですが挫折しました。

痩せてから友人が言いました。「本当に一時はヒドかったよね・・・」
こっちは太っているとは自覚していますが、ヒドイとは思っていませんでした。ダイエットを決心するまでは。
自分では「まだ大丈夫、いずれダイエットすればいいんだから」と軽く考えていました。今は無理だけど、いずれ何とかすると言い訳をしていたんですね。
ある時、温泉に行った時のこと、浴衣室で大きな鏡に映った自分を見て「醜い」と心の底から恐ろしくなりなした。今までいかに怠惰な生活パターンを繰り返し、それがこの怠惰な身体を創り出したのだと思いました。そこまで太った自分が情けなくなりました。
何ヶ月ぶりに恐る恐る体重計に乗ってみると78.8kgです。
もう少しで80kg! そして「絶対にヤセル!」と決心しました。このときの決心はそれまでと違っていました。さっそく忌み嫌っていた体重計を購入しました。
「やせたい」のではなく「やせる」と確信したのです。

注)このダイエットのコーナーの情報だけで減量しないで下さい。「あなたは永遠に肥満から開放される」のバリアトリックス減量法を意図的に宣伝しているわけではありません。又肥満の人を誹謗するものでもありませんのでどうかご理解くださいませ。


BackHomeNext
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO